« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

☆5歳になりました☆

1月13日フクは5歳の誕生日を迎えました!!

おめでとう!!
元気に5歳を迎えられて、よかった・・・涙

Dsc07334

フクそっくりのおイモケーキです
Dsc07333

大好きなんだよね~
Dsc07331
今日は“フク”の部分を食べましょう・・・

Dsc07330
「まだ・・・?」

このあと5秒ほどで食べちゃいました・・・。

退院してきて3~4日は目もうつろで、全く活気がなく寝てばかりだったフク。
食事は食べるものの、前ほど食事にも反応せず、仕方なく食べる感じ・・・。
もう心配で心配で・・・。

Dsc07339
最初の頃はこんな元気のない顔・・・

Dsc07338
なんかトイレにこもるし・・・ナゼ?

Dsc07342
ほぼ逆さになっても寝てるし・・・

でも、少しずつ元気になってきましたよ。

家で歩くリハビリをしていたのですが、全く歩こうとしない。
退院後一週間の受診で、お散歩をしていいことになりました。
そうしたら、いつものフクに戻ってきたかな。

Dsc07335

Dsc07336

Dsc07337

やっぱり外のほうが歩く。歩く。

そんな姿を見ているのが幸せ。
頑張って大きな病気を乗り越えてくれたフクに、感謝の毎日です。

Dsc07341

みんな一緒が幸せ。

5歳の1年もみんな元気に一緒にね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

☆お帰りなさい☆

今日フクが退院してきました!

椎間板ヘルニアを発症してから23日。
大きな手術を乗り越え、危険な状態を乗り越え、やっと帰ってきました。

フクには「ごめんね」と「ありがとう」と「おかえり」をいっぱいあげました。

もちろん嬉しいけれど、正直不安もいっぱい。

まだ、足はふらつくし、座り方も前のようにはいかない。
コルセットはしっかりしているから(当たり前だけど・・・)、体を丸められないし、思うような格好をとれなそうなのが、見ていてつらい。

色々弱音を吐きそうになるけど、がんばらなきゃ。

病院で会ったときは、興奮して大変だったフク。
お家に帰って少ししたら、いつものフクになりました。

Dsc07254_2
ご飯もペロリ

Dsc07255
「フクしゅ~き~!」

Dsc07253
久しぶりの寝顔とかわいい寝息・・・プヒィ~

フクが帰ってくるために、フローリングはカーペットに、ソファーは捨てました。
出来ることから、コツコツと・・・です。

応援してくださった皆様に、フクより。
「皆さんの想いが力になりました!本当にありがとうございました!」

完全復活したら、ぜひ遊んでください!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

☆フクは強い子☆

明けましておめでとうございます。
昨年末は皆様にご心配をおかけしました。
おかげさまで、フクは回復に向かっています。
今年は健康に過ごさせてあげたい!
フクももうすぐ5歳。
もう一度生活を見直し、まだまだ頑張ってもらわなきゃ。

年末年始のお休み中は、2日に1回面会に行っていました。
面会と言っても、私達がマジックミラー越しにフクを見るだけで、フクに直接は会えない。
まだまだ安静が必要なので、興奮しやすいフクの場合は仕方ない。

今日は歩いているフクを見ることが出来ました。
まだ右足の力が弱く、しっかりつけない事もある様子。
でも、看護師さんにリードをひかれ、ドア1枚向こうを歩いてくれました。
こんなに近くでフクを見るのは久しぶり。
「フク!」と声を出しそうになるけど、それはやってはいけない。
途中、ドアの境目から鼻息を「フンフン」させるフク。
先生も「気付いたかな・・・」と笑っていました。
側に行きたくて、触れたくて、泣きそうになる・・・。
もう少しの我慢。
フクも私も。

でも『フクは強い!!』と感心させられることばかり。

今回、思い出すのもつらい術後3日の間の話。

食事が始まったフク。
最初の食事はドライフードをよく食べたそうです。
しかし、次の日から、先生曰く「なんか違うな~って感じであまり食べない」と言われました。
普段手作りだと話すと「あぁ、それでか・・・。選り好みをしているような・・・」と笑う先生。
「ワガママですいません!」
つらいつらい3日間で唯一、クスッと笑ったなぁ。フクらしくて。
でも、今はだいぶ食事に慣れたようです。
「郷に入りては郷に従え」ですね。

その後、だいぶ病院の生活にも慣れたようで、他の犬との争うこともないし、先生やスタッフの方にも自ら寄っていくとのこと。
夜も横になってよく寝ているそうです。

私からすれば『信じられない』のひと言。

食事はともかく、普段はお散歩中に他の犬への挨拶もへたくそだし、人は好きだけど、私から離れることに不安を感じるようなところがあったのに・・・。

強いな~。頼もしいな~。
そんなフクに安心してしまうよ。
きっと、フクが安心させてくれているんだね。
フク、ありがとう。

結局一番弱かったのは私。
術後、泣いてばかり。
突然泣きだす私に、息子はビックリして「イーコ、イーコ!」と必死でなでてくれました。
チチだってつらいのに、「大丈夫だよ」と言って欲しい私は、無理矢理チチに「大丈夫」と言わせていました。
ご飯も食べられず、心配もかけた。
お友達のcobaさんには毎日メールで温かい言葉をかけてもらいました。
ハッピー家も、ハッピー君がヘルニアになった経験から、色々教えてくれたし、励ましてくれた。
コメントをくれたお友達も、本当にありがとうございます。
ブログを続けていてよかった。

今年もきっとお世話になると思いますが、どうぞよろしくお願いします。

| | トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »