« 2009年11月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年1月

☆4歳のお誕生日☆

1月13日は我が家のフク姫の4歳のお誕生日でした!!

フクちゃん!!お誕生日おめでとう!!
元気に4歳になってくれてありがとう♪

お誕生日はいつものケーキ!

Dsc06533
似てる~!?

Dsc06532
クンクン・・・

Dsc06531_2
ガマンできん!!ペロ!

撮影のためずいぶん我慢させられたフク。
頑張りました。

Dsc06526_2

やっとお許しか出て、2日に分けて食べました。

そしてお誕生日プレゼントは・・・大好きなコレ!?

Dsc06524
ラップの芯・・・

Dsc06523
ちぎり始めると止まらない!

Dsc06522
止まらない!!

Dsc06521
よく見てたら、食べてるし!!

Dsc06520
「もうおしまい!」と言ったら、持って行っちゃった。

Dsc06519
お気に入りの場所へ。

Dsc06517
満足したかい・・・?

もう4歳か・・・。早いね。
これからも元気でいつまでも私たちの側にいてくれることを願うばかりです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

☆不思議な力☆

明けましておめでとうございます!!

遊びに来てくださる皆様、いつもありがとうございます。

気付いたら、1ヶ月以上ぶりのブログ更新に・・・汗

12月は本当に大変でした・・・。

いや~、フク☆ダ家にも2010年がやってきたのね!!奇跡!?

Dsc06401
今年もよろしくお願いします!!

12月・・・私が約3週間熱を出したり、下がったりを繰り返しておりました。

その合間に、息子に風邪がうつり(インフルではない)高熱、熱性痙攣、救急車で搬送・・・泣

息子がよくなるとまた私が高熱に・・・なんて生活でした。

私は熱が出るとき、急激な寒気と震えに襲われます。

そして体が痛くなり、全く動けなくなる。

そんな時助けてくれるのが、フクちゃんです!!

Dsc06404

布団の中でカタカタ震えている私の側で寝てくれるのです。

いつもは足の間などで寝ることが多いフク。

でも、風邪をひいている時だけは、私のお腹辺りに丸まってくれて、私がフクを抱えられるような位置に寝てくれるのです。

フクのおかげで、いつの間にか寝た私は、熱もあがりきり震えも消失。

気付くとフクはまだ布団の中。

それもかなり体が熱くなり、ゼーゼー言ってます・・・。

私が『楽になったな・・・』と思った途端、布団から這うように出て、「ハァ~・・・ハァ・・・」と枕元に倒れこむ・・・・。

ありがとう。フク。

今回の風邪の間、何度もフクに救われました。

私が体の具合が悪いのが、フクにはわかるみたいです。

具合が悪くなると、なぜかフクが「抱っこ!!抱っこ!!」としつこいくらいに私に寄ってきます。

そこまでしつこくすることが珍しいくらい!!

きっと『私が助けなきゃ!!』と思ってくれているのかな・・・。

Dsc06402
優しいね。フクちゃん。

先日、こんなことがありました。

いつものフクの皮膚科に行った時のこと。

待合室で薬を待っている時、ひとりのおばさんが入ってきました。

連れのわんちゃんはいませんでした。

おばさんは、フクを優しい目で見つめニコニコ。

するとフクが、チチの膝から突然飛び降りおばさんに駆け寄りました。

おばさんは「可愛いわね~。いい子」と飛びつくフクをいっぱい撫でてくれました。

フクは興奮しやすいので止めましたが、おばさんは「大丈夫よ。私犬が大好きなの」とまたフクをなでなで。

その後おばさんは先生と話し始めました。

話の内容はこんな感じ。

おばさんのわんちゃんは少し前に亡くなったそうです。

夏にお母様の介護で忙しくなった頃、わんちゃんの足が腫れて、病院へ行ったところ関節炎といわれ薬を飲み、一時はよくなったそうです。

でも、すぐにまた悪くなり、調べたら肝臓ガンだったそうです。

診断されて1ヶ月でなくなったそうです。

しかし、具合が悪かったお母様はとても元気になった・・・と話をしていました。

すると先生が「そういうことがあるんだよ。犬が代わりになることが。」というようなことを話されていました。

私はその話を側で聞きながら泣きそうになりました。

フクはおばさんの寂しい気持ちを感じ取り、おばさんに寄って行ったのかもしれません。

その話を自分に置き換えた時、『病気になっちゃいけないな・・・』と改めて思いました。

フクは優しいから、代わりをしてしまうかもしれない。

家族みんなで健康でいなきゃね!!

Dsc06403
フクももうすぐ4歳!!これからも元気でね!!

こんなフク☆ダ家ですが、どうぞ今年もよろしくお願いします!!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年5月 »