« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

フクは元気です!!

先週の日曜日(7日)の話ですが・・・

本当に久しぶりに家族でお出掛けしました~。
夫婦はすれ違い、土日もお互いの予定や仕事でなかなか出かけられずにいました。

フクも復活したしっ、根岸公園へGO---!!!

Dsc05742
「ベロ触らないでっ!!」

この日はちょっと暑くて、日なたではフクもハァハァしてたけど、日陰は涼しく最高の陽気でした!

ただ、私が風邪を召しまして・・・全く声が出ない。泣
私ひとりほとんど無言で過ごしていました・・・。

フクも久々の公園でうれしそう♪
息子はちょっと前まで芝生に座ることすら嫌がったのに、保育園で鍛えられハイハイしまくり!!
たくましくなりました♪

しかし、外にいても変わらない1人と1ピキの関係・・・

Dsc05746
「また、ミミ・・・」

Dsc05747
「ヤメテ!!」

Dsc05748
「イヤな予感・・・」

Dsc05749
「乗ってるし・・・泣」

Dsc05751
「乗って、更にミミ・・・ヒドイ」

フク・・・なんだか顔がおじさんになってきた!?
苦労してるのね・・・。

Dsc05743
「誰かワタチを救ってください」

公園でいっぱい遊んだ後は、元町の「モトヤ」へパンケーキを食べに行きました。

Dsc05758

日曜日だもの、混んでましたよ。

Dsc05755
「まだかしら?」

30分くらい待って、ようやく中へ。
オーダーして、息子に持ってきたベビーフード食べさせて、自分達の食事を待つが・・・
待っても、待っても来ない・・・。

そしたら、お店の人が来て「すいません。手違いで順番が変わってしまいました」だって。
空腹の私のイライラはピークに!!

Dsc05757
写真撮る前に食べちゃったじゃん!!

この後は、元町でフクのオヤツとオモチャを購入して帰宅。

みんなと一緒でとってもうれしかった一日。

こんな日があると、また頑張れるんだよな~。

                ・

フクの体調は落ち着いているのですが、やっぱりウンチが軟らかいときがあるのが心配。
食事の問題もあるのではないかと思っています。
手作りだけど、かなり独学だったり、お友達のまねだったり。
正直忙しさにかまけて、ちゃんと目を向けられていなかったかも・・・。
ダメデスネ・・・。
手作り食のカウンセリングを受けてみようかと考えています。
フク大事だもんね!!
いつまでも元気でいて欲しいものです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

××フクの入院××

皆様、ご心配おかけしております。
ご心配おかけしたまま、ブログの更新も遅くなってしまいました。
ゴメンナサイ。

フクが緊急入院して、家に帰ったのは夜中の3時過ぎでした。
4時に寝て、翌日は6時に起きる予定が、2人して寝坊・・・。
起きたら8時でした。

急いで息子を保育園に連れて行く準備をして朝ごはんを食べさせていたら、調子がいまいちだった息子も嘔吐・・・。
保育園をお休みして、急いで病院へ。
タクシーで急いで行った病院は、定休日・・・。

こんな日あるんだよな~・・・。

11時にはフクの病院へ面会に。

先生の説明では、結局入院後も朝まで4回ほど嘔吐したそうです。
血液検査をしたところ、結果は特に異常なし。
胃腸炎を疑って、このまま絶食で様子を見て落ち着いたところで食事を始めていくか、異物を飲み込んだことを疑って、バリウム検査をするか・・・。

迷いましたが、不安要因をなくすためにも、バリウム検査をしてただくことにしました。
検査料は高いけど、お金じゃないもんね!!

その時にフクに会わせてもらいました。
フクは私を見つけて、クンクン泣き始めました。
抱っこをした途端、ブルブル震えだし、落ち着かなくなりました。
ちょっと抱っこしていたら、震えも止まりましたが、ゲージに戻すとキャンキャン鳴き出し、出ようと興奮・・・。
「大丈夫だよ。ゴメンネ・・・」連れて帰りたい気持ちでいっぱいでした。
置いて部屋を出るときはつらかった・・・。

結局、フクが興奮しやすいため、その後の面会は禁止に・・・。
さらに寂しいじゃないか!!

バリウム検査の結果も問題無しでした。
よって、胃腸炎ということで、絶食して落ち着いてから、食事を始めてみることになりました。

翌日も面会には行きましたが、遠くからゲージを覗いただけ。
でもフクはこちらのほうを見ていました。
鳴くこともなく、伏せたままジーっとしていました。
なんだか切なくて、ひとりでウルウルしちゃった・・・。

先生が「まだ元気がないですね。体調が悪いから。」って言ったけど、その時は『違うよ!寂しいから元気がないんだよ!フクを返して!!』なんて、バカなことを思っちゃうくらいやられてましたね。私も・・・。

だって、家にいても寂しくて寂しくて・・・。
何かを食べていても、いつも一緒に食べたがって横でよだれを流すフクはいないし、夫が帰ってくると駆け寄るフクはいないし・・・。
夫も「なんか寂しいな・・・」なんて言ってて。

一日中ため息ばかりの日々でした。

7日に入院してその日にバリウム検査。
問題なく9日に食事を開始。
そして10日に退院しました!!
先生としてはもう少し入院させて起きたかったようですが、仕事で迎えになかなか行かれなくなることを考え、家で注意して見るということで早めの退院に。

久しぶりに会ったフクは痩せていました。
でも、入院した時に比べれば元気!元気!
抱っこして、スリスリして、飼い主も大興奮!!
ほんとに嬉しかった・・・泣

先生の話だと今回の胃腸炎は、1ヶ月以上ウンチが柔らかかったことから、最初に腸炎を起こしていて、だんだん悪くなって胃まで来てしまったのでは・・・ということでした。
犬の場合の胃腸炎は感染が多いそうです。
散歩中などに、何かから感染する!?らしいです・・・。

ウンチが柔らかいことは気にはしていたのですが、3歳の健診で血液検査をしたときに結果に問題がなかったので『大丈夫だろう』とそのままにしちゃったのがいけなかった・・・。
気になったことは、ちゃんと解決していかなくてはダメですね。
忙しさにかまけてしまいました。反省。
フクにはかわいそうな思いをさせてしまいました。
ゴメンネ。フクちゃん。

Dsc05627
家に帰って超爆睡のフク

退院してきた日は、心配するくらい寝てました。
病院で寝られなかったんでしょうね。

Dsc05628
ハハも安心して一緒に爆睡

Dsc05626
一緒がいいね

チチも嬉しくて、ダブル抱っこです。

みなさん、本当にご心配おかけしました。
今はすっかり元気で、毎日よく食べ、よく寝て、もとのフクです♪

ゆっくりですが、これからも元気なフクをお見せしますのでよろしくお願いします!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »