« ・・癒しの旅へ(其ノ一)・・ | トップページ | ・・癒しの旅へ(其ノ3)・・ »

・・癒しの旅へ(其ノ二)・・

今回は「はづ木」での食事編です。
前回紹介したように、「はづ木」は漢方薬膳懐石のお宿です。

私達が初めて「はづグループ」の宿に泊まったのは、実は「はづ合掌」のほうでした。
その時はまだ仕事をしていて、『夏休みに海外に行かないかわりに豪華な旅館でゆっくりしよう!』と「はづ合掌」に3泊することにしました。
その時の夕食を1回「はづ木」ですることになったのです。
泊まるのは「はづ合掌」ですから、宿のスタッフの方が車で送り迎えをしてくれました。

「はづ合掌」のお料理は京風懐石。
かなり豪華でボリューム満点!そしておいしい!!
だから最初は漢方薬膳懐石といわれても、正直あまり興味はありませんでした。

でも、でも、でも!食べてビックリ!!
ものすごくおいしくて、夫と2人大感激!
中華なのにあんなに上品な味は初めてでした。
あまりの感激に「メニューをコピーしてください!」なんてわけのわからないことを・・・。

それでは全部ではありませんが、お食事を紹介します。

Dsc01739
左の小さい湯のみのようなものは食前酒です。
といっても、私はお酒が飲めませんのでプーアール茶です。
本来は紹興酒が食前酒となっています。
湯のみの中には漢方が入っています。
クコの実、レイシなど4種類ほど。
担当の方が、ひとつひとつ名前と効果を説明しながら準備をしてくれます。
紹興酒やお茶の中に漢方のエキスがとけて、一緒に体に入ってくるそうです。
夫曰く「こうやって飲むと不思議とお酒が次の日にも残らない!」そうです。

右のお料理は前菜のようなもの。
牛ひれ肉・イカ・胡桃・海老・くらげ・インゲンなどの盛り合わせです。
それぞれに味付けされていますが、どれもあっさりとした味付けなので、一緒に食べてもおいしいです。

お料理には1品1品漢方が入っています。
お料理を運んでくるたびに、入っている漢方の名前と効果を説明してくれます。
お酒は紹興酒からビール、日本酒、漢方酒など種類は多いです。

Dsc01745
海老の炒め物です。
とてもあっさりとした味付けです。
海老は想像通りプリップリです。
こちらの漢方は上にのっている紅花です。
お料理の器もかわいいでしょ!目でも楽しめますよ。

Dsc01748
赤魚の蒸し物です。
漢方はしょうが人参です。
人参といってもよくあるほうではなく、漢方で使われる「オタネニンジンの根っこ」だそうです。

Dsc01751
点心です。
中はお肉や韮など小さい肉饅頭みたいなものです。
蒸したてを運んできてくれます。
中に真珠の粉を一緒に練りこんであるそうです。
真珠の粉はお肌にもいいそうですよ!
ジューシーでおいしいです。
下に敷いてあるシソと一緒に巻いて食べるとさっぱりして更においしい!

Dsc01753
ダチョウの肉の醤油煮込みです。
これ、本当においしい!私お気に入りの1品です。
ダチョウのお肉はちょっとパサパサしているのですが、味があります。
また、煮込んでいる醤油たれは少し甘辛くお肉によくからんで合います。
の上に乗っている菊をちらして食べます。
彩りもきれいです。
蓮もうすく甘い味付けがされていてとってもおいしいです。

Dsc01756
ホタテと卵白の炒め物です。
上にはクコの実がのっています。
クコの実は目にいいそうです。
これもあっさりとした味付けです。
ホタテはやわらかく、卵白はフワフワです。
いつも『どうやって作るとこうなるんだろう・・』と考えさせられてしまいます。

Dsc01760
青梗菜の炒め物です。
青梗菜・きくらげ・ゆり根・ゆりのつぼみ・あわび茸が入っています。
味付けつけは中華スープと塩のような、さっぱりとしたお味。(うまく表現できない!泣)
お行儀が悪いですが、最後残った汁まで全部食べちゃいます。
このあわび茸というきのこ、見た目は完全にあわびです!
フワっとした歯ごたえで、味もしみていて美味です!

Dsc01761
トシシという漢方の入った炊き込みご飯と烏骨鶏のスープです。
蔵付けのお新香となすの炒め物がついてきました。

Dsc01765
烏骨鶏のスープの器です。
かわいいですよね~。
スープには生姜が入っていて、鶏の臭みは全くありません。
滋養強壮にいいそうです。
そして生姜で体はポカポカになります。

Dsc01766_2
最後は白きくらげ・杏仁・フルーツ・なつめの入ったデザートです。
左のはタンポポコーヒー
タンポポコーヒーはノンカフェインで体にはいいのですが、私はちょっと苦手です。

写真は全部ではありませんが、全部で12品ほど出てきます。
でも、どれも量が多すぎず、やさしい味付けなのでペロリと食べられちゃいます。
そして、心地よい満腹感。
味がさっぱりとしているのと漢方のおかげで、まったくもたれることもありません。

1品1品を絶妙のタイミングで運んでくれるのもうれしい!
これらのお料理は上海の薬膳料理の名店と提携し、上海の本場の料理人が作っているそうです。
だから、その方が中国に正月で帰るときは、イタリアンのコースになるそうです。
「本場の料理人の作ったものしかださない」というこだわりが感じられますよね!

メニューは毎回同じです。
「でも、また食べたい!!」そう思えるお料理です。
そうそう、もし行かれる方は追加していただきたいお料理が!
「すっぽんの煮込み」です。
今回不覚にも追加に間に合わず・・・。
超・超おいしいです。
コラーゲンたっぷりな1品ですよ。
+2000円で食べられます。

食後は温泉に入って、あとは寝るだけ。
癒されます~!!

朝食は・・・っと、長くなったので次回にします。
引っ張りすぎですよね~。
でも、でも、書いても書いても伝え足りないくらいおすすめなんですよ!

次回は「はづ木」での朝食・観光、そして本当は秘密にしたいくらいの「食」話を書きたいと思います。
でも、あと1回で終わるか分からない・・・。
長すぎてスイマセン!

フクの可愛い寝姿写真でお許しを!?
Dsc01665
コレ、マジ寝しています。
飼い主にいいように写真使われて・・・かわいそうなフクちゃん・・。

|

« ・・癒しの旅へ(其ノ一)・・ | トップページ | ・・癒しの旅へ(其ノ3)・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/271626/9519136

この記事へのトラックバック一覧です: ・・癒しの旅へ(其ノ二)・・:

« ・・癒しの旅へ(其ノ一)・・ | トップページ | ・・癒しの旅へ(其ノ3)・・ »