« △▼しつけ訓練④(お散歩編)▼△ | トップページ | ☆早めの夏休み(1日目)☆ »

△▼しつけ訓練⑤(覚え書き)▼△

しつけ訓練の最終回です。
先生に教えていただいた基本から、自分で感じたことなど色々書いて行こうと思います。

先生から一番最初に教わったことは「アイコンタクト」でした。
食べるのも、指示を受けるのもなんでも「アイコンタクト」をしてからです。
だいぶ練習したおかげで、フクは「アイコンタクト」が得意です♪

Dsc00360_1
ホラ、見てますよ~♪

Dsc00252
もうず~っと見てますよ~♪♪

訓練では食事用の器におやつを少し入れ“マテ”を練習しました。
アイコンタクトをしている時に「ヨシ!」を言います。
毎週少しずつ「ヨシ」を言う時間を延ばしていきました。
ヨダレが出て大変だけど、これも訓練。
待っている間、アイコンタクトをとっているときはずっと「いい子だね。おりこうさん。」と褒め続けます。
そうすると、自然にアイコンタクトをとるようになります。
困るのは・・・何もあげる気はないのに、飼い主が何か食べていると勝手に飼い主の視界に入りアイコンタクトをとること・・・。
時々負けます・・・。イヤ・・・けっこう負けているかも。
ずる賢い奴です。

訓練をしていていい子になったのに、急にまた言うことをきかなくなったきっかけがありました。
それは“一緒に寝た”ことでした。
フクは一緒に寝たがります。
一時一緒に寝ていたことがあるのですが、悪いことをして怒った時わざとベッドにおしっこをしたことがあったのでクレートで寝かせることにしました。
でも、私達も一緒に寝たい気持ちはあったので、休日でゆっくりできるときは朝になってからベッドに乗せたりしていました。
しかし、フクにとっては“休日”なんて分かるわけがない。
また、一緒に寝たがります。
そして夜にクレートで寝かせようとするとまたおしっこを・・・。
参ります。

今年2月気管支炎になったとき、夫が「寒かったのでは」と心配し一緒に寝るようにしました。
そうしたら、急に気が強くなり怒ったら噛もうとしたり、普段吠えないのにワンワン吠えて向かってきたり・・・。全く言うことをきかなくなりました。
よくしつけの本にも書いてありますが、人間と同じ高さ(椅子やソファー、ベッドなど)ですごさせると自分も人間と同じくらいエライと思ってしまうようです。
フクは本の通りでした。「つけあがる」って言うんでしょうか・・・。
そうじゃないいい子がほとんどだと思いますが、フクはそんなとこだけマニュアル通りです。

今はまたクレートで寝ています。
飼い主が起きてからクレートをあけると飼い主のベッドにひとりで入って寝ていることもありますが、それはヨシとしています。
Dsc01028
やっぱベッドは最高!?

しつけ訓練をして感じたことがあります。
①根気が必要!
②一緒に楽しむ!
③やっぱり愛情♪
   です!

人間がさぼれば、犬もさぼります。
なかなかできなくたって、絶対いつかはできると信じて繰り返すことが大切。

そして、できたら褒める!褒める!一緒に喜ぶ!
できなかったことができると本当に嬉しいです!
『なんて頭のいい子なんだろう!』なんて親バカにもなっちゃっていいんです!
だんだん楽しくなってくるものです。

そして「愛情」・・・
フクの場合は言うことをきかなくなったり、怒るようになった時マッサージをしてあげたことがあります。
もちろん自己流ですし、ただコミュニケーションと思って。
でも、そうしたら落ち着いたんです。ちょっとビックリしました。
完全ではありませんが言うことをきくようになってくれたことがあります。
スキンシップって大切なんですね。

Dsc00300
実家の母がマッサージしてくれています

Dsc00303
気持ちよくて最後は寝ちゃいま~す~。

あと、食事を手作りにしてみました。
これはただ単に自己満足ですが、私自身が食べることが大好きで色々ご飯をつくります。だからフクにも作ってあげた時、なんだか自分が嬉しかったんです。
まあ、喜んで食べてくれるし良かったかなと思います。
(今はドライフードと手作り半々。今度食事事情も書きます。いつか・・)

しつけ訓練をしたことで、思っていた通りのいい子になったわけではありませんが、「フクに合ったしつけの方法」がわかるようになったと思います。
フクの性格もだいぶ分かったのかも・・・。
褒めるタイミングやご褒美のあげ方など、たぶん先生に教えてもらっていなかったらちゃんとできなかったかもしれません。
犬を飼うのがはじめての私たち夫婦には、フクへの訓練と言うよりも「飼い主への訓練」でした。

まだまだ訓練が必要なフクですが、飼い主さぼらず(最近さぼり気味・・)これからも頑張って行こうと思います。

ずいぶん時間も字数も長いシリーズになってしまいました・・・。
また、懲りずに遊びにきてくれたら嬉しいです!
読んでいただいてありがとうございました!

|

« △▼しつけ訓練④(お散歩編)▼△ | トップページ | ☆早めの夏休み(1日目)☆ »

コメント

しつけについてのあれこれ。どれも同感!!
私も時々(自分に余裕のない時など)、サボり気味になったり、対応にバラつきがあったりするんだけど、最近は「お互いのため」と思い、甘くしないようにしてます。

といいつつ、難しいんだけどなーー(苦笑)
ベッドに入ってるフクちゃん見ると、頭なでたくなりますねぇ(笑)

投稿: ロイドママ | 2007年7月20日 (金) 14時50分

☆ロイドママさん
この記事書いてから「イヤ~偉そうな事言っちゃったな・・」なんて思ってたんですが、同感してくれて嬉しいです!
でもね・・、今日もやられちゃった。
ベッドにおしっこ・・・。短い散歩のあと勝手に興奮して、人の服噛むから怒ったら・・ハア~。わざとですよ。
フクちゃんまた当分ベッド禁です!
乗せません!
ロイドママさん、わざといたずらするのをやめさせる方法知りませんかぁ~?

投稿: フク☆ダハハ | 2007年7月20日 (金) 23時09分

やはり兄妹!顔だけじゃなくとる行動も似てますね!
家もワトが同じベットに寝るようになってから散歩で引っ張るし生意気になっていきましたよ・・・今はゲージで寝かせてます。
家も本とかでしつけを勉強するとワトも意外に当てはまることが多いです。
お互いにしつけ頑張りましょう。

投稿: ワトママ | 2007年7月21日 (土) 23時31分

☆ワトママさん
ワト君も一緒ですか!?
こっちが毅然とした態度でないと、すぐなめられちゃう。
しつけってずーっと終わらないんでしょうね・・。
兄弟仲良くいい子になるように、負けずに頑張りましょ!

投稿: フク☆ダハハ | 2007年7月21日 (土) 23時53分

この前、トレーニングレッスンを見学させてもらったんですが、
そのときの先生も褒めることが大切と教えてくれました。
お互いに楽しくなくちゃ!と言う感じなところも似てます♪
でも、本当に楽しんでやっていかないと続けられないですよね~
アドもフクちゃんみたいに、お利口さんになれるかなぁ
その為には、私とOKUが頑張らないといけないですよね!
私もフク☆ダハハさんのように頑張ります^^

投稿: YUMI | 2007年7月23日 (月) 17時54分

またまた登場のロイドママです。

わざといたずらね~。ある!ある!どこも同じですね。
ママさんお勉強熱心なんでご存知かも知れないけど、
「犬に腹いせという心理はない」らしいんで、怒られたことが
とっても悲しかったからついおしっこを・・・ってことなのかなぁ。

最近特に意識してやってるのは、
・極端に興奮したら、無視しながらとりあえず落ち着かせる
・目を見て怒る
・起こった後いいコにしたら、異常にオーバーに褒める(笑) 
とかかな。基本的なことだけど。

YUMIさんも書いてたけど、褒めてしつけるってことが重要みたいですね。
あと、「ウチのコはやればできるコだ!」って信じながら信頼関係を
高めていくことも、とても重要な気がする今日この頃です(笑)
ついつい、「ウチはなかなか言うこと守れなくて・・・」って思っちゃうんだけど。

投稿: ロイドママ | 2007年7月24日 (火) 14時58分

☆YUMIさん
フクはそんなにおりこうじゃないんですよ。まだまだです。
YUMIさんは本当に熱心ですね。
見習わなきゃ!
きっとアド君もっともっといい子になりますよ!
パパママさん一生懸命だもの。
私もさぼらずやらなきゃ・・・。
一緒に頑張りましょうね♪

☆ロイドママさん
腹いせってないんだ・・・知りませんでした。
イヤ、腹いせとは思っていなかったけど、わざととは思っていました。(同じ?)
いつでも一生懸命やれば伝わってくれるんでしょうね。
あまり怒らないようになんて思ってはいるのですが、気づくと・・・。
これからはもっと褒めることを心がけていきます!
また色々教えてくださいね!

投稿: フク☆ダハハ | 2007年7月25日 (水) 00時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/271626/7195754

この記事へのトラックバック一覧です: △▼しつけ訓練⑤(覚え書き)▼△:

« △▼しつけ訓練④(お散歩編)▼△ | トップページ | ☆早めの夏休み(1日目)☆ »